TOP2009年01月


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

【地デジ・ZAQが来ました(笑)】
私の住んでる地域は‘陸の孤島’と呼ばれるほど田舎。
せっかく地デジ対応のDVDレコーダーを買っても地デジは見れなかったんやけど、
先日マンションの宅内工事が完了し、やっと地デジが見れるようになった
まぁテレビが古いのでレコーダー通して地デジを見てるんやけど
さすが、明らかに映像がキレイ
そして地域の光回線の工事も完了。以前から光ネットは考えてたんやけど
今契約してるADSLや電話料金を合わせても、光の方が安くなるし
テレビ回線を使うので、かなり早いらしいって事で
その工事も昨日完了。
ただ、私のパソコンが古~いタイプなのでメモリが少なく
せっかくの光回線にしても遅い(笑)
まだ使えるので新しいのを買うのはもったいない。
設定業者の人にメモリー増設をすすめられたので
早速メモリーを買いに行かないとな。
スポンサーサイト

カテゴリ:ひとりごと

【久々にオペラ座】
月1ペースで行ってた‘オペラ座の怪人’も気が付けば
去年の7月以来行ってなかった。
ずっと行きたいとは思ってたんやけどタイミングがね
ファントムは村さん。滅多に出ない村さんがもう半年ぐらいずっと
出られてるのにはビックリで、村さんのうちに早く観に行きたかったのと、
私がラウル役の中で1番好きな鈴木涼太くんが
もう1年以上ぶりぐらいに出てるので、どうしても観たくて
当日券狙いで行くと1階9列目センターが空いてた
何度観ても感動するなぁ。村さんも絶好調に上手かった
クリスティーヌ役の苫田さんも久しぶりに観るけど
ガチャガチャした感じがなくなってさらに上手くなってるなぁ。
カルロッタは諸さんで、前に観た時より上手いなぁと思ったけど、
個人的には種子島さんの方が良かったかな
‘カエルの泣き真似’は種子島さんの方が全然上手い(笑)

ただ、日曜やと言うのに1階の後方に空席が目立ったのは淋しい限り
千秋楽が5/17なので、それまでにまた何度か行きたいなぁ。

カテゴリ:観劇・映画

【東宝エリザベート】
東宝ミュージカルの【エリザベート】観てきました
去年の夏に名古屋で観て以来です。
名古屋ではトート役が山口祐一郎、エリザベートは朝海ひかる(以下、敬称略)
朝海ひかるは雪組男役トップの時に観て以来で
頑張ってエリザを演じてるんやけど、私的には不完全燃焼
だから大阪公演ではもう1人のエリザ役・涼風真世を
観に行こうと決めてた
宝塚時代も観た事がない涼風真世。噂には聞いてたけど、
歌唱力は抜群ですな
演技も少女時代と大人時代のメリハリの付け方が上手いというか。
トート役は同じく山口祐一郎。Wキャストの武田真治も
観たかったけど、友の要望で(笑)
山口祐一郎って、俳優さんとしては凄く演技も歌も上手いと
思うんです。さすが劇団四季出身だなというか。
でも・・・トート役としては違和感を
感じてたんですよねぇ、以前から
トートって私の中では宝塚版の繊細なイメージがあるので
男性が演じる場合はそれに近い雰囲気の人じゃないとと。
以前演じてた内野聖陽さんはかなり良かったな。
今回一緒に行った友は「スーパー歌舞伎を観に来たんかと思った」
と山口トートの印象を語ってました(失礼!)
歩き方や指の動きがどうもおかしくて気になって
線が太く見えるし・・。
でもこの人は‘ファントム役’では抜群に上手いやろうなぁと。
残念ながら四季時代にファントムを演じてるの観に行った事がなく
CDで聴くだけですが・・。
あ、批判ではなく素人の感想なのでお許しを
余談ですが今回観た子役の石川君、上手やったなぁ

ま、ホントにエリザベートという作品はいいですねぇ。
5月には宝塚・月組でエリザ再演あるので楽しみです

カテゴリ:観劇・映画

【雪組・忘れ雪】
今月は珍しく観劇月間(笑)
今日は宝塚バウホールでの雪組・忘れ雪を観に。
主演は音月桂さん、親友役には大好きな凰稀かなめちゃん
このコンビが出るというだけでも興奮します(笑)
絶対観に行かなくては~と思ってて、ようやく予定が合い。
内容は純愛ラブストーリーって感じやけど、
最後に主人公が死んでしまうシーンで思わずウルウル
思ってたより作品的にも良かったなぁ。
かなめちゃんは相変わらずキレイで、ロングコート姿なんて
カッコ良すぎて、もうたまりません(笑)
かなめちゃんはもちろんやけど音月さんも素敵
歌は上手いし可愛くてカッコいい
エリザベートでのルキーニみたいな悪びれた役も上手かったけど
今回みたいな好青年も上手くてホレボレしますな~
これからの活躍も楽しみ

カテゴリ:宝塚歌劇

【花組・太王四神記】
久しぶりに宝塚観劇へ行ってきました
どれぐらいぶりか日記を探ってみると
去年の6月に花組公演‘愛と死のアラビア’以来。
もう半年以上観劇してなかったんやなぁ。
‘太王四神記’はペ・ヨンジュン主演の韓国ドラマで
それを宝塚歌劇化した韓国歴史ファンタジー。
でも私はこのドラマ自体見てなくて、内容も全然知らず
あらすじをなんとなく読んでただけ
でも結構ファンタジー系好きなのよねぇ(笑)

いやぁ、久々の大劇場。やっぱこの雰囲気はイイ
タムドク役のゆうさん(真飛聖)めちゃカッコイイ
衣装も素敵なものばかり
さらにビックリは月組から組替えした大空祐飛さん。
正直‘タイプ’ではないので特にお気に入りでもなかったけど
すっかり花組2番手で凄いオーラというか・・。
役柄もそうやけど、カッコよく思えた(笑)
壮一帆さんの役がちょっと・・主要な役やけど
ちょっとこの役は気の毒かなと。
でもイイ味出してたし素晴らしい演技でしたよ
演目に関しては古い言葉や言い回しがあるので
わかりにくい部分もあるけど、SFチックなところもあって
凄く面白かった。衣装や小道具も結構お金かかってそう(笑)
今までの公演に比べて新鮮な感じがしたし演出も華やか
エリザベートのように第2幕の後半まで本編があって、
その流れでレビューがあるので、レビューは苦手な人でも
睡魔に襲われず?観れるのでお勧めですよ(笑)
あ、私はレビューも大好きですけどね
とにかくまた観に行きたい作品。
ゆうさん、いい作品をもらったなぁと思う
あくまでも素人の感想なのでお許しを

カテゴリ:宝塚歌劇

【謹賀新年・初日の出】
20090101111457
みなさま、明けましておめでとうございます。
お会いできた人、お会いできなかった人、
ともに旧年中はお世話になりましたm(_ _)m
今年も相変わらずな私ですが宜しくお願いします。
さて今年こそはと頑張って早起きし、
近所の山へ初日の出を見に登ってきました。
あいにくの曇り空で雪もちらついてましたが、
なんとか日の出を拝む事ができました♪
山と言っても展望台まで10分ちょっとぐらいですが
町内じゅうの人が集まってるみたいで、樽酒まで振る舞ってました(^-^;
反対側からは明石海峡大橋が見えます。
とりあえず携帯で撮った日の出を・・。
デジカメで撮った分はあとでアップします(^-^;
良い1年になりますように。

カテゴリ:ひとりごと
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。